過ぎ行く日々を少しでも。

嬉しいこと楽しいこと悲しいこと腹立たしいこと。日々の記憶を少しでも紡げる様に。

お手本探し

最近、ハヤカワ文庫から出ている、「あなたの人生の意味」上下巻を読んだ。

それはこんな一説からはじまる。

 

"私は最近良く考えることがある。人間お美徳には大きく分けて2つの種類があるのではないかということだ。一つは履歴書向きの美徳。もう一つは追悼文向きの美徳。"

 

この二種類の美徳について著者は、ユダヤ教の指導者であるジョセフ・ソロヴェイチックという人が1965年に書いた「孤独な信仰の人」という本から転用し、「アダム1」と「アダム2」という言葉に言い換えている。

「アダム1」は僕らの中のキャリア志向で野心的な面を指し、目に見える成功であったり常に前進上昇を目指したり、いわゆる外の世界での承認を求めた立ち振舞い全てに関わるものだ。

一方「アダム2」は内なる世界に向かう力であり、道徳的資質を持とうとすること。謙虚であったり他人への奉仕のために自己犠牲を欲したりと、アダム1とは全く異なる理論がそこにある。

例えばアダム1の理論が経済の論理であり職業的な成功を欲するものとすれば、アダム2は道徳の論理であり道徳的な成功を欲するもの、というように。

 

著者は現代社会においてこのアダム1ばかりに注目が集まっていることに違和感を覚え、かつての社会においてはカントが言った「人間とは所詮、曲がった材木のようなもの」を引用し、つまり人間は生まれたままでは欠陥のある存在なのだから、それを自覚して謙虚でなくてはならない、というアダム2の道徳観を呼び覚まそうと本書で試みている。

その手段として、8つの章で昔の偉人の伝記を取り上げ、彼ら彼女らがどのように生きたか、というものを紹介している。そこから、それらを「人生を手本とする」ようなコンテクストを読者が受け取り、「良い人間になりたい」「この人のように行きたい」という気持ちに火がつくように期待している、というのが著者の狙いである。

 

前回の記事でも触れたように、最近の僕としては、何か規範になるような対象を探しており、冒頭こうした文を読んで、密かに胸踊らせた。

そして実際に、それら伝記に感じることは多かった。僕自身、ここに紹介されているような美徳に共感することは多い。それは時代遅れと言われるものかもしれないが、僕が育った環境を振り返ると、国は違えどそうした道徳観が確かにあったと思えるし、そのことに時代性というものを感じずにはいられない。

しかし僕が求めているのはより実際的な、身近な、強く思えるような、そうした手本になる人物だ。

ここに紹介されているのは、当たり前だがアメリカの偉人が大半で、あとはキリスト教かイギリスかの由来によるものだから、結局はアメリカ文化に関わる人々だ。

ナショナリズムをこじらせているわけでは毛頭ないのだが、手本にするにはやはりどこか距離を感じてしまう。勿論そこには普遍性があるのだけど、もっと身近に感じられる人物が僕としては理想だ。そういう意味で、日本人でそうした人に出会えると嬉しいと思う。

本の中で最も親近感が湧いたのを挙げるのであれば、アウグスティヌスだろう。昔、哲学関連の入門書を読んだときに、何故か頭にひっかかって名を忘れることはなかった人。人物紹介はwikipediaを読んでほしいが、自分の弱さに自覚的で、かつ正直な人だった。「告白」という著書で自分の性欲含む悪行について書かれているようで、そうしたことを含めて人間味を感じる。自分の、ひいては人間の弱さというものを認め、受け止め、そこからキリスト教の教義を構築していく。そこには自分の内なる面への探求があり、そこに親しみのようなものを覚える。

 

そういうわけで、もしあなたが日々を慌ただしく過ごしていることが多いなら、この本の読書を通して、一度立ち止まって内なる声に耳を傾ける、そうした時間があってもいいのかな、と思う本だった。そしてもしかしたら、手本にしてみたい人が見つかるかもしれない。

規範を持つ

今の自分に満足しているかと聞かれたら、満足はしていないと答えるだろう。

以前から自分自身に確固たる自信というものは持ち合わせていなかったが、一方でひょうひょうとやっているところがあり、状況に適用しながらそこそこやる、ということが強いて言えば長所かな、という自己認識だった。しかし、ここ最近はある種の焦燥感がある。きっかけは、職場で今後リーダーなりより高位の専門職なり、そういったキャリアを求められている方向にあり、自分を立ち返って考えることが増えたからだろう。

今後自分のキャリアを考える中で、自分はこの部署にいてその道を進めていくことでいいのだろうか、それが自分にとって良いことなのだろうか。務まるだろうかという不安や、ストレスが高まるだろいうという予想もあって、そうした将来に悶々とするのだ。

不安の根源としては、今の仕事において、自己解決できる技量が備わっていないことが原因であり、他人に相談する、それ自体は悪いことではないと思うのだが、自己判断が弱い、依存傾向にあると思っていて、それが自分の自身の無さに直結している。

さらに、他の同僚が面倒に巻き込まれているときに、積極的に協力できない場面があったり、むしろ自分のことで精一杯なので、なるべく関わりたくないな、と思ってしまう卑しい気持ちに、自分でげんなりするのだ。

これらの要因は、地道な鍛錬や、精神的な甘さを改め自分に厳しくすること、恐れに打ち克ち真摯さを意識すること、など処置の方法はあるだろう。

しかし、自分の行動や習慣というものを変えるエネルギーがなかなか沸かない、コンフォートゾーンから飛び出す勇気がない、と言えるのだ。

そうした状況が続く故に、自分に満足も自信も得られない。楽を求めることで、自己欺瞞に陥り、内面の暗闇から抜け出せずにいるのだ。

そうした状況を変えたいと思い、本に手を出す。仕事論や自己啓発、伝記のようなものなど。

それらは最もな意見が書かれていて、自分も頑張らねばと思ったのもつかの間、日常に戻ればすっかりこれまでの自分、ということになる。

こうした生産性のないループから脱却するには、規範が必要だと考えた。

自分の行動や考えについて、何かやるとき、判断するときに、この人だったらこうするだろう、といった心の規範になるもの。

もともと他人への興味が薄い僕は、誰かを強く憧れたり、この人のようになりたい、と願えるほど、自分の理想を投影できる人物がいない。

中学生の頃に、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアに尊敬の念を抱いたことはあるし、今でも尊敬はしているものの、こうなりたい!という人物像と言えるかは疑問が残る。社会を変えたい、という方向の行動がしたいわけではない。もちろん、普遍的なものはそこから汲み取ることができるだろうが、もっと親近感というか、共感が得られそうな、直接的で身近な人物が理想ではある。

このあたりが狭い考え方ではあるのだが、日本人にそうした人を見つけたい、という気持ちがある。もちろん、歴史上西洋で尊敬できる人は多数いるが、日本の歴史の中でそうした人物を心に持つことが、グローバル化された今日において、むしろ必要なんじゃないかなと思う。一方で、無理に日本の歴史から探そうとするのも不自然ではあるのだけども。。

ここまで書いていて何だが、今読んでいる本は、今とは違う、「昔の価値観」において立派な人の反省を複数人紹介している。それらは洋書の翻訳なので、全員欧米人であるのだけど、普遍的なものが、そこから見出すことができる。

元来、僕自信は他人によく見せるために演じたり、自分の気持を大っぴらに話したり表現したり、というのは好きではない。むしろ、そうしたものは自分の内に留めて、目の前のことに取り組む、という性質がある。だからなのか、「昔の価値観」に親和性があるように感じられ、そうした人物に好感を持つ。

この本については一段落したら、別の記事で触れたいと思っている。

とまぁ、ここ最近の僕は、そうした規範になるものを探し求めているのだ。これは弱さだし、これまでの中でそうしたものが築けていない失望であったりするのだけど、そう嘆いていても仕方ないので、そうしたテーマを今年は持っている、ということだと思っている。

妻を知る

自分のことでうだうだ書いていたが、昨日は妻のことで理解が明確になったことがあった。

妻はハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person)、通称HSPと呼ばれる特性を自身が持っていると、最近になって自覚したとのことだった。

まず、HSPとは何か。学術的な定義は難しくてよく分からんのだけど、僕の認識では、「高い感受性を持つことで、外部から受ける情報量が通常の人よりも多量で深い特徴を持つ」ということだ。

これによるメリット・デメリットは色々あるようで、色々なことに気づけ感情豊かである一方で、常に大量の情報が流れ込んでくるのでいつも高負荷処理状態になる、など。

Wikipediaの概要と特性の欄が非常によくまとまっていて的を得ているので、引用させてもらうと以下だ。

ハイリー・センシティブ・パーソンHighly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは、カール・ユングの造語で言えば生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。HSPはしばしば、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっている。物事に対して容易に驚き、短い時間にたくさんのことを成し遂げるよう要求されると混乱するという性質を持つ。

属性・特性の欄にはこうある。DOESという言葉は覚えておこう。

HSPの属性は、「DOES」という頭文字で覚えることができる。

  • 処理の深さ(Depth of processing)
  • (他の人と比較して容易に起きる)過度な興奮(Over aroused)
  • 感情的反応性・高度な共感性(Emotional reactivity and high empathy)[26]
  • 些細な刺激に対する感受性(Sensitivity to subtle stimuli)

HSPである学生は、他の人々とは異なる仕方で学習する。HSPは些細で細かい部分に注目し、それについて長時間考えを巡らせるが、学習課題に対する理解を示すまでには時間がかかる。もしHSP学生が授業内の議論に貢献していないとしても、必ずしもその学生は理解していないとか、シャイであるとは限らない。HSPはしばしば、一般的な見解とは異なる洞察を抱くが、それを披露することは恐れる。なぜなら、口に出してしまうことは自らにとって刺激が大きすぎるからである。感受性の高い学生を教える際のコツが知りたいのであれば、『The Temperament Perspective』[27]や『The Highly Sensitive Person』[28]の最後の部分が参考になるだろう。同様のことは職場にも当てはまる。HSPは素晴らしい働き手になりうる。細部をよく見ており、思慮に富み、また忠実であるからだ。HSPが一番活躍するのは、静かで落ち着いた環境が整っているときであることが多い[29]HSPは監視されていると力を発揮できないため、昇進から漏れることもある。HSPは社交性が乏しい傾向にあり、自分ひとりで処理できる経験を好む傾向にある[28][30]無意識的あるいは半無意識的に環境内の些細な事柄を処理できる能力から、しばしばHSPは「ギフテッド」や「第六感」を持っているように見えることもある。

 

もともと自分の感受性の高さに自覚があったが、その内的疲労や混乱にいつも戸惑っていたと妻は言っていて、HSPという定義があることで、とても納得したようだ。

自分を理解するのに(正しい)ラベリングがあると、人は安心する。妻は最近この言葉と意味を知ってから、自分の理解が高まったと言っている。

自分で言うのもなんだが、僕自身は考えも身体も鈍感な方で、彼女とは対極にいるのかもしれない。ただ、そのことでお互いバランスが取れて良いね、と言えるようにはお互いのことを分かってはいる。

分かってたいたつもりだったが、分かっていなかったことがあった。

それは、妻はシングルタスクでないとうまく対処できず、マルチタスクだと情報量が更に多すぎてうまく処理できなくなる、ということ。

例えば5つの工程に分かれるタスクAがあったとして、A1からA5のことをやるときに、A4までやって、あとはA5をやるだけの状態とする。そこに4つの工程に分かれるBという違うタスクがあり、A5のついでにB3が一度にでき、そのままB4にいけるので、B2も予めやっておけばいい、などと外から見ると思うのだが、Aというタスクを終わらせないと、Bというタスクに移れない、ということらしい。

メモをすることでその整理はつけられるようだが、一旦立ち止まってリスト化しないとその整理もつかず、頭の中だけでは混乱するらしい。

あれやこれやと考えて思考が発散してまとまらず混乱する、焦る、というのはわかる。そのためにメモを取って客観視する、というテクニックも本人は知っている。

ただ、そうした一つ一つの負荷、というものがどうやら違うらしい。なぜなら、インプットの情報量が違うから、そもそもシンプルにする過程の深さが違うのだ。

こうしたことを、昨日初めて会話して理解できた。

もう一つ知ったことがあって、それはこうした特性を人に語るときに、涙が出てしまう、ということ。自分でも何の涙かは分からないのだという。これはWikipediaにかかれているように、口に出してしまうということは本人への刺激が強すぎる、というのがあるようだ。

こうした会話ができたことはとても大きくて意義のあることだった。

発見、という言い方は適切ではないけれど、こうした会話によって鈍感な僕でも、そうした理解と知識が得られるのだから。

 

こうした経緯で、昨日の会話はとても良かった。

この会話はどうやって引き出せるか。それはふとしたタイミングや状況によるものだ。

僕ら夫婦はいま、あることでちょっとチャレンジをしようとしている。正直色々な不安はあるのだけど、でもやらなかったことの小さな後悔を残すようなら、やったほうがいいよね、ということで始めたことだし、これについては妻がきっかけを作ってくれた。

このきっかけのことを思ってみても、僕は断固!というような明確な意思を示してはいないけれど、態度や雰囲気などから、妻は情報を受け取って考えてくれているのだなぁと思う。

ちょっとふわっとした話を出してしまったけど、やはり相手を理解するには、僕のような鈍感なタイプには、会話が一番のようなのだ。

自分を知る3

直近の記事は一ヶ月前に書いたものだ。ブログの記事を書こうと思いそれを読んだら、今の地点と変わらないことに絶望する。実を言えばこれはお家芸で、もう何年もそういうことを繰り返している気がする。思い立っては挫折(というほど良いものではない)し、スタートに戻る。

スタート地点をぐるぐる回っている。

感情の起伏が少ないあるいは無い、と前回書いた。いま読んでいる本が少しだけワクワクするものだ、とも書いた。

その本によると、人生を自分の意思でコントロールしていると自覚しているほど、人生の幸福度は大きいらしい。その本には自己採点表もついており、僕は見事に受け身体質なわけだ。そりゃ幸福度も相対的に低いのだろう。

では変えたいのか、そりゃ変えたい。しかし努力は限られている。そう、真面目系クズ、のようなものだ。

と、まーたネガティブなことを書いている。

 

今日ここに書こうとしたのは、自分のなりたいもの、者、とは何か。

自分のやりたいこととは何か、だ。

感情の起伏が乏しいのは、熱が、熱意が、情熱が、僕に無いからだ。そう思う。

僕が情熱がある状態というのはどんな時だろうか。それは、動画制作のとき、だった。

過去形にしたのは、ここ最近で設備投資をしたものの、肝心の動画制作に対する取り組みが熱心ではないことがあるからだ。僕のかろうじてのアイデンティティでもある写真や動画制作が、昔より前のめりになれなくなっている。ツールの変化にまだ慣れていない、のもある。

それもあるのだが、昔自分が嫌った、つまらない人間、面白みのない人間、に向かっているようで、怖い。

事実、いまそう自分のことを思う。

何度もスタート地点に戻り、成長もなく、情熱を傾けるだけの仕事もプライベートもない。

ただ周囲と時間に身を委ねて流されていく人生。

これでいいのか。

何が楽しいのか。

 

唯一救いなのか致命的なのか、元来僕自身は鈍感なので、そこまで深刻には考えていない。考えていないのだけど、茹でガエル状態で、死に体ではないのか、とも思う。

 

結局ネガティブ思考は止まらない。

 

自己肯定感の本は読んだけど、心持ちをどう前向きにするか、であって、こうした自分のことを考える文章では、どうしてもネガティブによってしまう。

 

ポジティブな文章に変わる変化が見られるよう、スタート地点から早く動き出さねばいけないのだ。

 

 

 

 

 

 

自分を知る2

昨日は、自分の心は潤いを失い、感情の起伏に乏しく心が死んでしまっているのではないか、というようなことを書いた。

書いた後に思ったけど、ネガティブな内容だ。ネガティブ思考だ。

これをポジティブ思考へ転回したい。そのためには自分に自身をつけねばなるまい。

自身をつけるにはどうするか。巷で流行りの、筋トレが良いらしい。

筋トレをして筋肉がつくとメンタルタフネスも向上して自信がつくらしい。

肥満気味になっているので、一石二鳥だ。とりあえず、腹筋と腕立てをちょこちょこと始めている。

一方で、自分を知る、つまり自分の軸というものを深く理解するには、自己分析が必要だ。いま読んでいる本に、まさにそうしたキーワードが出てきて、ちょっとだけワクワクしている。

そうしたガイダンスなり外部要因がないと前に進めないのか、というのはあるが、それはネガティブ思考なのだ。むしろ前に進んでから言え、ってなもんだな。

まずはその自己分析とやらをやってみよう。

 

 

 

自分を知る

自己分析を真剣にしたことはあるだろうか。

僕はある程度までしかない。

ストレングス・ファインダーの本や数多ある占いの本・サイトなどで、自分を外側から知る、ということはやったことがある。

どれも、へぇ〜、というものや、確かにあたっているかも、というものまでまちまちだが、得てして娯楽止まりで、時間が経てば忘れているようなものだ。

多分、大抵の人は同じではないだろうか。

人はみな自分のことは実はよく知らなくて、占いなどで特定の「型」に当てはまりたがっている。それは分かりやすい型があったほうが、それを共通認識として他の人とも会話ができる。不安定で未知のものより、安定して既知のもののほうが、安心するのだ。血液型占いも同じ類のもので、よく言われるように、日本人の好みとして、そうしたタイプ分け、というのが好きなのかもしれない。

話がちょっとずれたけど、僕がやりたいのは深い自己分析だ。

といっても切り口が沢山ありすぎるので、試しに問を立ててみよう。そこから浮かび上がってくる自分の像があるかもしれない。

 

「自分はどういう人間だと思うか」

僕は自分自身は冷え切った人間とたまに思うくらい、他人に対して結構ドライなところがある。それは自分でも、もっとウェットになりたい、とも思うのだけど、「面倒」という壁がそこに立ちはだかり、結局人に対して積極的に関わろう、という姿勢がなかなかた生まれてこない。むしろ、他の人が面倒事を抱えているとき、助けになりたいという思いがある一方で、なるべく面倒事には巻き込まれたくない、という気持ちも働き、ときに中途半端になったり、あるいは他の人がヘルプしているのを見て、じゃあ自分は大丈夫かな、とその場を後にしたり、あるいは面倒そうだからとひっそりしている、ということは間々ある。電車で人に席を譲るという行為もしなくなって久しくなり、自分の中に、潤いというものが枯渇しているのを感じる。余裕がないというか、心が狭くなったというか、小さな人間になったというか。

これは年を重ねていくにつれ、ずる賢くなる、という部分もあるのだろうとは思う。しかしそれだけが原因ではないし、積極的に関わる人もいるので、やはり心の持ちようなのだろう。

そうしたことで、自分自身に絶望を感じることもある。自分は何てちっぽけな人間なのだろう、と。

こうした諸々をぐっと堪えて、積極的に関わってみる、自分に潤いを取り戻すために、行動してみる、ということを思ったときに、「面倒」という感情が行く手を拒むのだ。

面倒だからやらないのなら、結局変わりたいと心底思っていないってことじゃないのか。自分を卑下しながら、しかし日常の惰性に流されながら、ずっとうじうじしているのか、と。

アドラー的に考えると、ずっとうじうじしていることに、僕はメリットを感じている、とも考えられるのだろう。僕が望んでうじうじしている。それは、変化が少なく、消費エネルギーも小さく抑えられる生き方。物事に積極的に関わろうとすると、それだけ変化もあるしエネルギーも使う。人に席を譲ることでさえ、ドキドキしてエネルギーを使うのだ。そうした感情の起伏からなるべく距離を起きたい、なるべくフラットでいたい、というのが僕の望みなのだろうか。

そんなの楽しくない、生きている意味があるのか、そんな声が聞こえる。

でも、辛くもない、しんどくもない、のだ。

自分に絶望して、自分を卑下して、と先程書いたけど、もうそれに慣れてしまっている自分がいるのではないか。

それは即ち、心が死んでいるのではないだろうか。

心の起伏が少なくなって、喜怒哀楽を純粋に味わえるような心の持ちようではなくなっているのではないか。

思い当たる節はいくつかある。素直に喜ぶことは恥ずかしく思うし、ポジティブのリアクションは僕は弱いほうだ。感情を素直に表現する、ということが苦手なのだ。

それが自分。

きっと、なんとなくだけど、「有り難い」ということが、頭では分かっていても心では分かっていない、そんな状態のように思える。

 

僕は自分を変えたいか?感情を素直に表現できるようになりたいか?心の起伏を取り戻したいか?物事に積極的に関わっていく強さを持ちたいか?

 

今日のメモはここまで。

メモをする

最近、巷でやたらにメモをする系の本を目にする。

実際に類似の本を読んだことはあるし、最近いくつか本をもらうことがあり、その中に「メモの魔力」という本があり、ちょっと読み始めたところだ。

メモをとることは、良いことだと思う。

見聞きしたことや経験、あるいは思いついたことを書き留めることで、自分の思考を広げていく、深化させる、あるいは解像度をあげる、といったことはあるだろう。

手書きでもスマホでも、メモを取る、そして読み返す、ということは、プラスの作業なのだということは、本を読まなくても体感的には分かる。

ここで僕がちょっと思うのは、ブログをメモ代わりに使う、ということ。

出来事だったり自分の考えだったりを記事に書くというのは、大きな意味ではメモと呼べる使い方もできるだろうし、オンラインでアーカイブされており、タグを付けておけば振り返りもしやすいだろう。日付も自動で入っているので、あの時こんなこと考えていたなぁ、なんて過去の自分との対比だったり懐かしさだったり、そういったことも味わえる。

それより何より、文字を起こす作業というのは、自分の頭の中から考えを言語化する過程において、それが再び自分にインプットされ、考えている中身が少し具体的な形を帯びる、という感覚がある。

そういった意味で、ときにだらだらとした記事になるかもしれないけども、自分用の考えメモというのを、やってみようかなと思う今日このごろ。