読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ行く日々を少しでも。

嬉しいこと楽しいこと悲しいこと腹立たしいこと。日々の記憶を少しでも紡げる様に。

不安と希望の入り混じる日々

30歳になり、一つの場所に長く居続けたことで、このままでいいのかという思いに駆られるようになった。
いや、前から度々感じてはいた。
更に言えば、今の仕事のままで、将来のキャリアがイメージできないという漠然とした不安もあった。
そうした事を感じては悩み、日々の忙しさにそれは薄れていき、なんとなく見つめないようにする事を繰り返してきたのだと思う。
だけどここにきて、そうした思いが再度想起されている。
年齢的に節目であることがそういう気持ちをより一層強くさせているのかもしれない。
そうした時に、社内転職のお誘いが同級生のつてであった。
最初に聞いた部署は自分のやっていることから距離がかけ離れイメージもわきずらかった。
その部署の人が紹介してくれた違う部署は、いまいるところから近いというわけではないが、まだ少なからず親近感あるところで、いままで歩いてきた道との関係はゼロではない。
ただし、営業ではあるし、いまのスキルより何倍も質も種類も求められる。
だけど、話を聞いてみると、面白そうなのだ。
端的に言えば、僕は守るのが仕事。
でも漠然と、製品やサービスが生まれる場所に近いところを経験してみたい、という考えがあった。
その意味で、サービスを顧客と一緒に作り上げる部署であり、またそこで使われる技術のフォローも行なっている、ユニークな場所だ。
つくる、というところで、面白そうだなと感じた。
ただ、非常に厳しい環境であり、やはりそれは今の上長からも言われる。
厳しい、給料も減る、リストラの可能性だって高い。
それでもやりたいのか?
いまの仕事で、ローテンションによる環境変えはあり得ないのか?

臆する。震える。
だけど、今目の前にあるチャンスであることには変わらない。
なんとなく続けている感覚のある、いまの仕事。
どことなく惰性でやっている感は否めない。
もちろん仕事は大変だけど、ワークライフバランスとしては優良だと思っている。
同じ環境に居続けている事に対する不満はあるが、それを除けば今いる環境は悪くないのだ。
じゃあローテンションはどうか?
確かに環境は変わる。今よりも厳しい環境に変わり、自身がブラッシュアップされるのかもしれない。
そうする事で、将来のキャリアを考えた時の不安は拭えるだろうか。
そこでの経験の積み重ねが、今は見えない新たな道に繋がる可能性はあるかもしれない。
しかし。
いまの仕事に対する向上心よりも、新しい事への挑戦の方が、興味を上回ってしまっているのだ。
だから、モチベーションがあがらないといったら、甘えになるだろうか。
しかし、いまの僕の環境のまま、同じ仕事のままで、今後のキャリアを考えると、何もイメージできずに絶望感を味わうのだ。

では社内転職はどうか?
厳しい環境。ついていくのに必死にならなければいけない、ついていけずにリタイアに追い込まれるかもしれない。
でも、楽しそうだ。

この、”楽しそうだ”、と言ったら、上司に笑われた。
誘い元は自分の組織を悪くは言わない。
良いように使われて終わってしまう事だってあるぞ、とアドバイスしてくれる。

じゃあやめるか?
もうやめられないでしょう。
この話を出した限り、すでに上司やその上司が動いてる。
もう人が動いているのだ。
この時点で、迷惑をかけているし、これからチームに迷惑をかけることを想像すると、気分が落ち込む。深く深く。

やっぱりやめる?
もう後には戻れないんじゃないかな。
ここで戻って中途半端な覚悟を後悔して終わるなんて出来ない。
そのあとの事を考えても、同じ精神状態で働けない気がする。
まだチームには言ってはいないけど、上司関連には伝わっているのだ。

言い出した時点で、始まっているのだ。
前をみて走るしかない。

やらない後悔よりも、やって後悔。

どちらも後悔なんてしたくない。

あいつは言ったよ。
殻を破れ、と。
無責任だしあいつの身勝手さを感じもする言葉だな。

だけど、チャレンジするのは決して悪いことではない。家族、パートナーの了解を貰っていれば。
このあとどうなって、このチャレンジをどう思うのか分からない。
でも、自分の肯定感が薄れていくことを感じる今、自分を取り戻す方法は、このチャレンジにあるのかもしれない。
そんなことをいま唐突に思った。

他方、自分を取り戻す、なんておかしな言葉だ。
そんな大げさで酔狂な事なのか。
でも、楽しそうだ、という感覚は、甘いのかもしれないけど、大事でもあると思うのだ。


あの言葉を思い出す。
自己と戯れているのか、自己と本気で戦っているのか。

30歳の節目だ。
戦おう。自分と。
そして必ず家族を幸福にする。

自分の戦いに巻き込むことになる。
けれども、疎かにせず、しっかりと幸せにすることは、もう一つの僕の使命だ。

戦い、楽しみ、そして幸せになる。