過ぎ行く日々を少しでも。

嬉しいこと楽しいこと悲しいこと腹立たしいこと。日々の記憶を少しでも紡げる様に。

ぼうっとする

ぼうっとする事は嫌いではない。むしろ好きだ。

ぼうっとするには、場所を選ぶ。

家でぼうっとすることは、無いとは言い切れないが、するなら外でするに限る。

外ならどこでもいい、というわけではない。

広くて、人がすくなくて、爽やかな場所が良い。

開放的で、雑音が少なく、気持ちのよいところが良いとも言い換えられる。

これまでの経験からいくと、大きな公園、山、海、ゲレンデ、あたりが良い。

ゲレンデはあまり日常的でないし、山に登るのも日常的とは言い難いから、公園か海辺ということになる。

公園と言っても、色々ある。

僕が好きなのは、緑が多く、鳥のさえずりが聞こえるような場所だ。

風を肌で感じながら、頭に浮かんでくる事を静かに考えることができる。

数少ない体験だが、そのうち内側から活力が湧いてくるということもある。

それは場所と状況によるだろう。滅多にないことだから。

そういうところで、ぼうっとするのが好きだ。

住む場所にもよるが、海辺もおすすめだ。

砂浜に腰を下ろし、波の音を聞きながら、遠い地平線に目をやる。

緑に囲まれた環境とは異なり、考え事というのが波の音とともに次第になくなっていく。

まるで返す波にさらわれていく砂のように、さらさらと頭の中の思考が何もなくなり、空っぽになる。

ふと、自分には深刻な悩みなんて無いのではないか、という気持ちになる。

あるいは、本当に考えていることというものが無いのではないか、と思えてくる。

次第に思考も気持ちもさらさらと空っぽになり、平らになっていく。

これは不思議な経験である。

緑に囲まれた環境でぼうっとすることは、物思いにふけったり、少々の自然を感じることで、活力を得たりするといった、再帰的な一面がある。

一方、海辺でぼうっとするのは、思考も感情もリセットするような、浄化的な一面がある。

あくまで個人的な感触なので、人によっては違うのかもしれない。

そもそも、ぼうっとするようなことが性に合わない人もいるだろう。

僕自身、いつもぼうっとしているわけでもないし、ぼうっとした時に、いつでも上で書いたような効果が得られる、というわけでもない。

ただ、うまくぼうっとできたときは、なんだかちょっと贅沢な時間を過ごした感じになる。

だから、ぼうっとすることが好きなのだ。