過ぎ行く日々を少しでも。

嬉しいこと楽しいこと悲しいこと腹立たしいこと。日々の記憶を少しでも紡げる様に。

やりたいことと物欲の関係

明けましておめでとうございます。

2018年戌年の始まりです。みなさまはどのような正月を送られているでしょうか。

僕はというと、晦日の頃から今日に至るまで、何か取り憑かれたようにネット上の情報を集めています。

何の情報かというと、やりたい事ができるハードウェア環境、ですね。

一体何を言っているのか、というのを順に追って説明しましょう。

正月早々、単なる煩悩まみれの記事なのであしからず!

 

そう思った背景:そろそろPC環境を刷新したい

まず、誰しもが思うかもしれませんが、新しい年は何がしたい、というような希望的思考が湧いてくるじゃないですか。

僕はもともと映像制作が好きで、いや映像といっても映画のようにかっこよく作品作りというのではないのですけど、古くは3DCGをShadeというツールを使って、まだMacが今ほど有名ではなかった頃に、モデリングをしてレンダリングして画面内で動かす、ということが好きでした。

今ではもう3DCGをやることはないのだけど、一眼レフの動画で動画を編集してテキストやエフェクトをかけて、ちょっとしたムービーを作る、っていうのが一事ライフワークのようになっていて、友人たちと旅行に行っては動画を作って、バラエティ番組のようにテロップまでつけて、あるいは水曜どうでしょう風の作風に仕上げたり、はたまた結婚式での生い立ち動画など、主には身内で楽しむように動画編集と付き合っていました。

僕の使っている環境はもう10年近く前のiMacで、Final Cut Expressを使って編集しているのだけど、何せ CPUはceleron ,メモリは増設しても4GB と非常に非力で、動画編集自体とても時間のかかる作業であるのに、それに輪をかけて時間がかかる作業になります。より良い環境を知らないので、そんなものか、と思う程度に幸せではあったのだけれど、最近妻が新しいノートパソコンを購入し、その過程で仕入れた最近のPC動向が、この幸せワールドを崩壊させたのです。

つまり、そろそろPC環境を刷新してサクサクになりたい!という欲望が入り口にありました。

 

何をしたいか:やっぱり動画をやりたい。もっと快適にかつナイスに。

単純にPC環境を刷新したいというのもありますが、それだけではあまり価値がない。というのも、前述のように動画編集自体とても時間を要するもので、そうした時間も情熱も失いつつあった最近なので、動画編集しないことと、Appleのサポート外環境(これもいろいろ不都合多い)さえ目をつむれば、特に大きな価値は生まれない。いや、実際iPhoneiOSのバージョンとリンクできなくなったので実害はあったのではあるけれど、それでもMacBook Airに頼るなどして、まだ我慢はできていた。

ここで、人間の脳というのは幻想を生み出すもので、"新しいPCがあれば、動画編集が最新のトレンドを取り入れてより快適になる"、という誘惑と戦うことになるのです。

更に重要なのは、"ナイス"に。

現在の時代遅れの環境だとエフェクトいろいろかけると出力にかなりの時間がかかるので現実的ではなかったのだけど、最新の環境であればあんなことやこんなこともできるようになる、よって出力動画は今と比較して"ナイス"になる。いやー、誘惑されます。

一方、単純に僕のアイデンティティの中に映像製作、というのはある程度組み込まれていて、一方で昨今趣味を謳歌できているか、と問われるとクエッションである虚しさを感じていることもあり、やっぱり映像作りたいよね!ってのは欲望として消えてない、というか欲しているのかなぁと思うので、動画作りする環境が欲しいと思う次第なのです。

 

現実的な選択肢は何か:(今の心の傾きは)iMac、ミラーレス一眼

上2つは割りと早い段階で出ていたのですけど、そこからの道のりが険しい。というかここの情報収集が、冒頭の時間の使い方、という訳でもあるのですけれども。

錆びついた僕の知識は綺麗に忘れて、最近の動向を調べていると情報量に圧倒される。

まずMacにするかWindowsにするか、そもそも動画編集のソフトは何にするか、このあたりでだいぶ時間を使った。

そのあたり調べている内に、カラーグレーディングについて興味が湧いて、Blackmagic Pocket Cinema Cameraとかいう面白そうなカメラを知り、手持ちの一眼レフももう長いので、そろそろ4Kも対応していてカラグレできるカメラも一緒に欲しいなぁ、動画撮影するのに手ぶれ吸収するジンバル欲しいなぁとか、欲が止まらなくなって。

頭のなかでハード・ソフト、メリット・デメリット、それらの色んなパターンを検討しながら情報を集めて肚に落とし込んでいく作業が、この年末年始の時間にぶち当たってしまった、ということ。

一気にグレードアップになるので、果たして本当に僕に必要なスペック/選択なのか、とか色々考えたりもするけど、ざっと組み合わせても良いお値段するんですよね、当たり前ですけど。

じゃあそれをパーっと買うか!という懐事情もないわけで、完全に、取らぬ狸の皮算用状態。。

ただ、いまいまの感じだと、iMacとミラーレス一眼+ジンバル、という組み合わせが僕にとっては良さそうかなぁ。

 

しかし、やりたい気持ちが先にあって計画しているのか、あるいはまず物欲があって、その新しいモノからできるコト、にやりたい気持ちが乗ったのか、という問が生まれる。

今回の場合、調べていったらやりたいイメージがムクムク強くなっていき、元々の気持ちにどんどん補強されていった形だけど、それは買い物ハイのような、ドーパミンが出ている一時的な刺激に過ぎなかったりしないのだろうか、という怖さはある。

だからこそ大きな買い物の前は、一度距離を置いて冷静になって考えてみる、それは本当にいるものなのか?と問いかけてみる、などの生活の智慧があったりするわけだけど、自己実現のために必要な投資、という言葉にすり替えると、脳は簡単に騙されてしまったりする。

例えば、ついに買ったはいいが、購入前はやると思っていたことが、実はそんなにやらなかったり、というパターンもあったりする。これは物欲が満たされて満足してしまったケースだ。

願望と物欲というのは、とても強力な組み合わせであるとともに、良くも悪くも時として理性の力を弱める危険な組み合わせでもあるのだろう。

これってとっても子供チックなことだと思うけど、その純粋性ゆえに大人でも誘惑される組み合わせだよね。

 

新年から、やりたい事とできる事を考えつつも、己の欲と現実とに向き合う僕なのでした。