過ぎ行く日々を少しでも。

嬉しいこと楽しいこと悲しいこと腹立たしいこと。日々の記憶を少しでも紡げる様に。

なんでもないこと

日常はつまらない。

日々時間は過ぎていく。暇であっても忙しくあっても、時間が変わらず過ぎていく。

そのことに慣れていると心もつまらなくなりがち。

抑揚が無く感情の起伏も小さくなりがちで、妙に空しくなる。

小さな不満を溜め込むのは毒だ。

誰もが意識的に溜め込むことは良しとしないけれど、日常は幸せで満ちているなんてことはそうそうないのだから、多かれ少なかれ不満は日々募っていくのだ。

でも、ちょっとしたことで日々のそうした曇り空は、一時的にもクリアになる。そう、ほんの一時的ではあるけれど。

アプローチは様々だ。

僕自身、最近は灰色な日々を送っていたけれど、ふと音楽を聴くと気持ちが軽くなる。

ウィスキーを口にすれば、心が軽やかになる。

小さな気分転換でしかない。

でもこの小さな気分転換が、どんなに大きなことかは、本人にしか分からないだろう。

それでいいのだ。

しかし、僕の音楽inputの無頓着は隔世の感があるかもしれない。

もうちょっとシーンを気にしないと、ガラパゴスの世界になってしまう。なーんて思ったりする。