読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ行く日々を少しでも。

嬉しいこと楽しいこと悲しいこと腹立たしいこと。日々の記憶を少しでも紡げる様に。

ブルーなホワイトデー

今日はホワイトデーだ。

会社の職場でホワイトデーのお返し選定のため、某チョコ屋で品物を見ていて、これかな、というものを予めあたりをつけていた。

その時に妻もいて、彼女は彼女で、「私にはこれがいい」というのを冗談を交えた会話の中で言っていた。

そうして後日会社の人たちに選んだチョコは、本日当人たちに手渡っていき、一方で妻へは、「これがいい」と言っていた、会社の人達に選んだホワイトデー限定品のラインナップとは異なる、価格帯的には上のグレードのものを選んだのだ。

昔ホワイトデーでチョコを贈ったときに、トリュフのものが良いと言われたのを覚えていて、トリュフ入りを選んだのだ。

その結果。

「これがいい」と言ったものではないことで、かなり落ち込んだ。

望んだものではないことで、涙目にすらなったのだ。

彼女としては不要なサプライズであり、これがいいと言ったにもかかわらず、その意志は僕には伝わっていないという、一種の意思伝達が叶わなかった悲しみを抱いたのかもしれない。

一方僕としては単純に喜んでくれるものと思っていたものの違う結果に対する落胆と、日々の家事への手伝いや、各種の配慮、あるいは誕生日にちょっと奮発したプレゼントなど、それらは全て充分とはいわないながら、日々の積み重ねというものを信じていたのだ。でも、この日の涙で、たったこの一度の出来事で、そうしたものは軽く吹き飛んでしまうのだろうか、という疑問が湧いて出た。

確かに望みのチョコを贈ることはできなかったのかもしれない。

これは僕のワガママなのかもしれないが、サプライズが少し好きな性質があることは相手も承知しており、これが良いかな、と贈ったこの気持も少し考慮してくれれば、涙目にはならないのではないだろうか。

あの反応はまるで、自分の期待とそれが裏切られたショックで閉じられた、どこまでも自分だけのもののように思え、そこに僕に対する配慮というのは垣間見れなかったのだ。

それは残酷なまでに純粋な反応だった。

もちろん、そのあとに弱々しくありがとう、という言葉はあった。

だけれども、二人ともブルーになるこの結果は、一体誰が予想できただろう。

それほどまでに楽しみにしていたということか。

 

僕がもっと大人で、もっと温かい心で見つめてあげれば良いのだろうけど、今はただただ悲しい感情だけが宙に浮いている。

 

後日談:

妻の涙は、僕の悲しみを感じてのことだったらしい。

それでも望むものではなかったことではないことは確かだ。

だから僕は改めて買ったんだよ。彼女が欲しかったものを。

なぜかって?

彼女がそう思ったことは確かで、だからこそ悪い思い出のまま終わらせたくはないからだ。

それが僕の選択、ってことだね。