読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ行く日々を少しでも。

嬉しいこと楽しいこと悲しいこと腹立たしいこと。日々の記憶を少しでも紡げる様に。

メモ

日記

ただの駄文です。予めご容赦を。

 

寒い季節というのは思考が内向きになりやすいようで、それによってネガティブに陥りやすくもなる。

妻は寒いのは苦手で、特にこの時期はイライラしやすくなることも多い。

昔、結構危機的な場面に直面したのもこの時期だったし、それを振り返れば、今は平和とも言える。

それでもこの時期はイライラのせいで、攻撃的なセリフを口にすることもあるし、言葉使いもまるでギャルかのような品の欠ける口調になったりもする。

それも感情的になっているからであって、いわば下地がそこに見えるわけだ。

その事で悲しく感じることはあるけれど、それで全てが台無しになるようなことでもない。

むしろ、そのやり取りの中で発見したことがある。

俺っていう男は最近つまらん男になってやしないか、ということだ。

結婚をして自分で使えるお金に制限ができたことで、行動範囲が狭くなった、という事実はあるものの、そもそも僕自身内向きになったというか、あまり外で行動をすることが少なくなった。

夫婦の時間というのは確かに大事だが、何かそれだけでコップの中を満たしているというか、大部分の時間はそこに費やされている。

ともすれば、自分のやりたい事に時間もお金もかけられていない、ということだ。

しかし、だ。

自分のやりたい事って何だ?

昔は興味のあることはそれなりに手を出した。手を出すということはお金も必要なのだけど、いま自由になるお金はない。

それが心理的蓋となり、何もできなくさせている向きはあるのかもしれないが、じゃあもしそれを取っ払ったら何をやりたいか?

あ、でもあるな。スキューバダイビング。

でもこれはコストが高いのだ。リストから除外。

自転車かな。でも改造してまでやるほど、のめり込むきっかけというか仲間もいない。

では作ればいいじゃないか、という案もある。

話は変わるが、長期的に見てやらなければいけないこと、やっておいた方が良いことがある。

・英語

・運動

・人との交流(新しい友だちを作る)

主にこの3点。

英語と運動は持続的にコツコツやらなければいけないこと。

なのに何かと億劫がってできていない。それによって苦しむのに。

やらないですめばこしたことはない、そいういう自堕落な精神が、転じて僕自身を裏切り続けており、それが僕の中で大きなダメージとして蓄積されているのだ。

なんて情けない男だろう。

人との交流というのは、結局のところ世の中は人と人との繋がりの上で出来ているのであって、もっと積極的に人と関われるようになりたいと思うからだ。

最近、結構僕は人嫌いなのかなぁと思う。嫌いというより、面倒くさがりだ。

必要以上に人と関わろうとはしないし、他人の面倒に巻き込まれたくない、という考えが先に働いてしまう。これが内向きにさせる。

一方で、もっと前向きに人と関わりたいとも思う。特にコミュニケーション能力の面でだ。

僕は話をするより話を聞くほうが楽で好きなのだが、話さないでいると話下手が下手なままなわけで、いざ話すとなると話下手が話すのでつまらないものになる、と思うのだ。僕の場合はね。

その日あるいは最近あった出来事や、読んだ本の話、時事問題などなど、話すというアウトプットをしないと、なんとなくインプットされ、なんとなく忘れていく。

話すことでその情報が強化される面を考えれば、話すという刺激を多く持ったほうが良いなぁと思う。

妻に話を聞いてもらおうと思うのだが、あまりそういう趣旨の話は聞いてもらえないのが悲しいところ。いや、まだチャレンジしていないか。