過ぎ行く日々を少しでも。

嬉しいこと楽しいこと悲しいこと腹立たしいこと。日々の記憶を少しでも紡げる様に。

年を明けて

気がつけば年を下旬へ突入。

1月から仕事面でもいくつかイベントがあり、ゆっくりしていられない状況が相変わらず続いている。

私生活面においてはいくつかの本を読み、新年にありがちな、よし今年こそはとライフスタイルを改めたいと思いつつ、やはりというか日常の惰性に抗うこともできず、いや身を任せ相も変わらず誘惑に影響されまくっている。

とは言いつつも、昨年は読書の頻度が下がり、また読んだとしてもブログにすることもなく忘れていくのだが、やはりアウトプットは大事である。

妻がひょんなことからアウトプットをするようになってから色々と調子が良いところを間近で見ていると、尻を叩かれる気持ちになり、僕も少なくともブログの更新をもうちょっと頻度を上げたいと思ったりする。

読んだ本のことは次の機会に譲るとして、最近映画を見たので少々。

 

あと1センチの恋 [DVD]

あと1センチの恋 [DVD]

 

 なんとなく気にはなっていたこのタイトル、あと1センチの恋。

幼馴染の男女が成長する過程で生じる微妙なすれ違いを描いた、題材としてはよくある話。

話半分で見ていた妻が要所要所で、「男女が時としてお互いの逃げ場になるの、不思議よね〜」とか、物語の顛末を見て「茶番だな」と切り捨てるお話出会った。

日本酒を煽りながら見ていたからなのか話の最後がどうだったのか思い出せない。

思い出せるのはリリーコリンズが可愛らしくハーマイオニーに似てるなぁ、演技も良いなぁ、というのと、赤髪のオバハンめっちゃいい人、ってところだ。

 

 

 

次。

 逃げ恥で一躍スターダム?な星野源

その原型のような主人公35歳童貞実家暮らしの男が、盲目の女の子に恋をする話。

コミカルでシニカルで時としてシリアスで結局はエロパワー。

シュールな空気感が最後まで貫かれていることで、賛否両論あるようだが、演者の味がそれぞれ見るものを楽しませてくれる。

僕としては星野源は逃げ恥でガッキーとイチャイチャしているし、本作で夏帆ともイチャイチャしいるし、とっても羨ましい限りだ。

しかしこういう役は彼の得意とするところなのか、機微が上手。

今後も楽しみだ。