読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ行く日々を少しでも。

嬉しいこと楽しいこと悲しいこと腹立たしいこと。日々の記憶を少しでも紡げる様に。

映画

最近見た映画を。

トランス
ダニーボイル監督。
オークションにかけられたレンブラント作、魔女たちの飛翔が強奪されるが、その絵画は何故か姿を消してしまう。
その事件で記憶を失ったサイモンが絵画の所在を知るはずで、強奪のリーダーであるフランク、そして催眠療法を行うエリザベスが、サイモンの記憶を呼び起こそうとするシナリオ。
いやぁ、どんどん引き込まてしまうストーリーで、何が現実であるかを見失ってしまうような演出。3人のキャラと関係性も良く、そこに催眠術とセックスとバイオレンスが入り込むものだから、最後まで目が話せなかった。
エンディングを迎え、最初に思い浮かぶ言葉がファムファタールだったけど、ヴァンカッサルが知的でセクシーで人間味出すものだから、良い感じのロマンスも残り香として終わる後味の良さがうまい。
しかしロザリオ姉さん、やりますね。

サイドエフェクト
スティーブンソダーバーグ監督。
鬱患者を受け持った医者が、患者の起こした事件と隠された陰謀に巻き込まれる話。
鬱々とした始まりから暗い展開を見せるのだけど、実はそこには怪しいシナリオが潜んでいた。
担当医を演じたジュードロウは事件で人生を狂わせられるのだけど、ただでは転ばない男。過去の痛手を教訓に、立ち向かうのだ。
過去の行動から未来は予測できると信じ、駆け引きにあたる。
正義感を掲げた行動ではない。
自分が築いてきたものを壊され台無しにされそうになった時、彼は屈せず、したたかに事にあたっていく。
そして迎える結末に向け、シュールな展開を見せていく。
トランスを見たあとだと、僕の好み的には前者に軍配があがる。

YouTube松たか子の歌を聞いてから、吹き替え版を見ようと思って本日鑑賞。あたり。
ミュージカルが好きな分、本作は楽しめた。
神田沙也加やるね!魅力されてしまった。
CGも相変わらず良くて、質感はもちろん、氷の光の屈折は自然で驚く。
本編前にミニー大救出?のショートムービーがスタッフも楽しく作った感じがして微笑ましい内容。