読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ行く日々を少しでも。

嬉しいこと楽しいこと悲しいこと腹立たしいこと。日々の記憶を少しでも紡げる様に。

人との付き合いを大事に

1月4日土曜日のこと。
 
三ノ輪から上野方面に向かうのに、北めぐりん、というバスに乗ろうとした。
バス停で1人のおばさまが待っている。
路線図案内をみると、上野に向かうルートではなさそうだ。
おばさまに聞いてみると、鶯谷駅付近のバス停で降りた方が良さそう。
どうやらおばさまも同じバス停で降りるようだ。
駅前に用があるようで、一緒に歩く。
学生ですか、とおばさま。
学生に見えるでしょうが、社会人なのです、と私。
学生と社会人どちらか迷う感じね、とおばさま。
よくいわれますからおきになさらず、と私。
 
大事なことを一つ教える、とおばさま。
曰く、こんなことを教えてくれた。

今年はお金の貧富がはっきり別れる年。

人はお金。
お金の切れ目は縁の切れ目。
縁の切れ目もまたお金の切れ目。
人との付き合いを大事にしなさい。
言葉使い、礼節。
人から何か言われても、ぐっと堪えれ咀嚼しなさい。
今年はそういう年です。
 
こんな話が聞けるなんて不思議だ。
今年は今以上に大事な年である予感は同じようにある。
でもそれは資産だけに目を奪われていがちだった。
その要となるのは、人なのだ。
人との付き合いがお金との付き合いに繋がることもあるし、それ以上に、人との繋がりそのこと自体が大切なことでもある。
 
このおばさまとのご縁が既にそれを示している。
私の望んでいたことに対する情報とそれ以上に有益な助言を。
 
人との付き合いを大切にする一年にしよう。
 
そう思う、この日。